本社 | 企画開発部

COMPANY

一つ一つの現場に真面目に取り組む・・・それが信頼につながっていく

 建材部土木部門は、道路の建設や宅地造成などの工事業務を担当しています。自社のコンクリート製品の販売に伴う工事の要望に応えるために立ち上げられました。建材部土木部門を設置したことにより、建設資材の提供、施行まで一貫した対応が可能になりました。
 現在、公共工事も一般工事も手掛け、自社のコンクリート製品の使用の有無にかかわらず、幅広い工事を請け負っています。
 最近では、甲斐市の「後沢ため池取水施設工事」を受注。池の水をすべて抜いて斜桶管の敷設などを行う工事で、5ヶ月以上にわたり現場を取り仕切りました。

 「いつも大切にしているのは、確かな仕事をすることです。経験も大事ですが、一つ一つの現場に真面目に取り組むことが基本です。当たり前のことですが、その意識を常にしっかりと持って現場に臨むことが大切です。発注者はもちろん、工事に伴い周辺の方々にもご迷惑をおかけすることになるので、その方たちにも信頼してもらい安心してもらえるように、何事にも真面目に取り組むという高い意識で仕事をしています」と相川部長は力を込めます。
 また現場監督はその現場を取り仕切り、よりスムーズに工事を進めるため、的確な判断が常に求められているといいます。
 「監督は現場を管理する責任者であり、当社の代表者として現場を仕切る代理人でもあります。その判断一つで現場作業の取り組み方や進め方が変わってきます。現場の状況に合わせた適切な判断をくだすことが現場で働く人、そして発注者からの信頼につながり、さらには次への仕事へと結びついていきます」

 仕事に対する想いは、部門の建ち上げ当初から変わることはありません。
 「これからも誠心誠意尽くして仕事に取り組み、お客様のニーズに応えられ続ける部門でありたいと思います」と相川部長。
 今日も龍王産業の監督たちは、各地の現場で真摯に仕事に取り組んでいます。

本社 建材部 土木部門

〒400-0118 山梨県甲斐市竜王2111
TEL:055-276-2014 / FAX:055-276-4945
http://www.ryuou.co.jp